ペット臭を市販の消臭スプレーで対策していると、気になるのはペットの体への影響です。

ネットには「市販の消臭スプレーをペットに使うと危険」という声もあるので不安になりますよね。

消臭スプレーは安全なのか、どんな使い方をしたらいいのかを調べました。

消臭スプレーはペットに使っても安全なの?

市販の消臭スプレーの安全性について、公式サイトのQ&Aを調べてみました。

調べたのはファブリーズとリセッシュの2つです。

まずはファブリーズのQ&Aから引用します。

Q.ファブリーズした布製品を犬や猫がなめてしまったり、スプレーが目に入ってしまったりしても大丈夫?

個々の成分及び製品全体の安全性データについての検討結果から、ファブリーズがペットの目に入ったり、布製品をなめたりして口に入った場合でも、安全性上の問題は特に考えられません。
万が一、目に入った場合には、念のため多量の水で目をすすぎ、十分に洗い流してください。また、異常な症状があらわれたり続いたりした場合は、獣医師にご相談ください。なお、ファブリーズをペットに対して直接スプレーしないでください。

「ペットの目や口に入っても大丈夫」という回答です。少量なら問題なさそうですね。

続いて、リセッシュについて紹介します。

「ペットの服やカートに使ってもいいの?」という質問に対する回答が以下です。

ご使用いただけます。(ただし、ペットが、直接、口に触れたり、なめる可能性があるものには、ご使用をお控えください。)

■消臭スプレーの安全性まとめ
・万が一、口に入っても安全上の問題はない
・ただし、なめたり口に入る状況は良くない
・直接スプレーはダメ

結論は、市販の消臭スプレーも使い方に気をつければ、ペットがいる家庭でも使えそうです。

ただし、絶対安全というわけではなく、ペットが触れないように気をつけて使うのが正解のようです。

どちらの消臭スプレーも、なめたり口に入れたりする可能性がある場所には使わないほうが良いでしょう。

今回は、ファブリーズとリセッシュの2つのみを調べています。

消臭スプレーによって成分が違いますので、ペットに使えるかどうかは商品に記載されている使い方を確認してください。

ペットのニオイ対策はいろいろ

消臭スプレーがペットにも安全とは言っても、口に入らないように気をつける必要があります。

そのため、臭いが本当に気になる場所には使えないのが欠点です。

ペット自身が臭うなら濡れタオルで拭いたり、ペット用シャンプーで洗ってあげるという方法があります。

ひどい臭いの場合は、体調不良や病気の可能性もありますので、心配なら獣医に相談してください。

また、部屋が臭う場合は、空気清浄機、脱臭機、置型消臭剤などで対策できます。

原因はそれぞれですので、臭いの原因を確かめて対策をしてください。

ペットにも安全な消臭・除菌スプレーならカンファペット

ペットのニオイ対策はさまざまですが、手軽に消臭するならカンファペットがおすすめです。

カンファペットは臭いの発生源を分解・変質させることで、臭いの元を断つタイプの消臭スプレー。香りでごまかさずに、元から消臭できます。

安全な成分でつくられているため、目や口に入っても安心です。ペットに直接スプレーをかけても問題ありません。

ペットの肌に触れても大丈夫なので、目の周り、お尻や耳などの除菌にも効果的です。

犬・猫だけでなく、ウサギ、ハムスターなどのさまざまなペットに使えますし、人や物に対しても除菌・消臭効果があります。

■カンファペットのおすすめポイント
・消臭と除菌消毒ができる
・目や口に入っても安全
・ペットに直接スプレーしても大丈夫
・人や物などペット以外にも使える

ペットがいる家庭でも安全に消臭・除菌したいなら、カンファペットを検討してみてはいかがでしょうか。

⇒ カンファペットの安全性についてはこちら

⇒ カンファペットの詳細はこちら